厳選不倫SNS- 不倫に関する情報まとめ

共有財産とみなされないものは

2016-02-22

【共有財産とみなされないものは】54b497a00c53de42891456b05f14089f離婚の際、財産分与は正当に権利です。
婚姻生活を続けてきて、その中で築き上げられた「共有する財産」を離婚時にきちんと清算し分配することを行うという方も多いでしょう。
浮気調査で出た事実に基づき、不貞行為で離婚される方の中においてもこうした請求をしっかり行う場合が大半ではないでしょうか。
先にも触れたとおり共有財産を分配することを指しますが、財産として該当しないものはあるのでしょうか。
■共有しない財産はあるのか
どんなに長い結婚生活であっても、共有しない財産というものが存在そしているかと思います。
どのようなものであるかというと、原則としては「夫婦の協力によって得られていない財産」というものがこれに該当するのです。
■具体例について
ここでその具体例というものについて見ていきましょう。
先ずは「婚姻前から所有していた財産」です。
こちらは、婚姻関係以前ですから個人の財産であるとみなされるのです。名義などを変更している場合は例外となるケースもあるでしょう。
また、婚姻中であっても「相続」から得た財産についても共有であるといえません。
相続で受けたものはあくまで個人に向けられたものですので1つの家に暮らしていた経緯があっても共有とは言えないのです。
同時に、相続ばかりではなく婚姻中に受けた贈与なども同様のガイドラインが設けられています。
■分けておくと便利
もちろん、法律家などに相談をすることも可能ではありますが自分自身でこうした「区分け」をしておくと実際にことが進めやすくなるかと思います。
ある程度で構いませんから考えておくと良いのではないでしょうか。
また、浮気調査での証拠などに関しては慰謝料請求の時に必要となりますからしっかり保管しておくようにしてください。
■知っているようで知らないこと
財産分与という言葉の響きから、知っているように感じていたけれど知らなかったという方も多いのではないでしょうか。
改めてこうした事柄について把握しておきましょう。

共有財産とみなされないものは / 共有財産とみなされないものは / 共有財産とみなされないものは / 共有財産とみなされないものは / 共有財産とみなされないものは

←「」前の記事へ  次の記事へ「」→
Copyright(c) 2016 厳選不倫SNS- 不倫に関する情報まとめ All Rights Reserved.